ジンセノイド

高麗人参で冷え性改善

血行不良は、万病のもとです。
血液が毛細血管を流れることによって、その先にある筋肉細胞や神経細胞それに体を作っている細胞に栄養が行き届かなくなります。
栄要が届かなければ、その先にあるすべての細胞が壊死していきます。
血流があるというのは、これほど大切なことなんです。

冷え症は、体全体が通常の体温で、局所的に低体温の方の場合は、その部位の血流異常によるものと考えられます。
また、体温が35℃以下が続くと低体温症という病気です。
高麗人参で冷え性を改善する効果は、やはり一連のサポニン類です。
これ以外に含まれている栄養成分も関連することになりますが、特にトリオール系ジンセノサイド゙ReとジンセノサイドRg1には、中枢神経興奮作用があり、これが引き金となって体温の上昇がなされます。
しかし体温が上がりすぎるのはよくありませんので、これに対抗するジオール系ジンセノサイドRb1やジンセノサイドRc、ジンセノサイドRb2が興奮作用を抑制し、適切な体温に調整してくれます。
これが静脈血管中膜の平滑筋を温めることになり、静脈流が改善され、最終的に皮静脈流を改善します。
この平滑筋が温まれば血管が委縮することなく一定の血流を促すことにつながります。
こうなれば、血液に乗って栄養素や酸素の供給量も増加し、老廃物の処理や血中コレステロール量も改善されます。
動脈流についても同じとがいえますので、その結果、ポンプ機能を持つ心臓への負担が軽減されることにつながります。

血行を改善することは、万病の元を改善することにつながり、経口摂食やその他の方法で摂取した栄養素を、無駄なく体内に取り込むことができますので、様々な症状に効果をもたらすことにつながります。
冷え性を長期間我慢をされると、低体温症になるかも知れません。
高麗人参には強力な薬効作用がありますので、常時服用をしなくても問題はないと思います。
常備薬として「高麗人参の紅参(マイナージンセノサイド)」のサプリメントを備えていれば先ずは安心と言えます。